衣川晃弘大先生の見聞会講話集「21世紀を幸せに生きる」より

平成22年4月11日 ベストグループ道央南見聞会



※前回の御講話の続きから掲載させて頂きます。



 私たちの時代の者は、皆、命に勝るものはない、命がなくなったら終わり、命は一つしかない。命ほど大切なものはない。そうやって教えを受けてきたのです。

 見たことのない命を、小さい時から教えられると信じるのです。
 そして、「言論の自由」、これがいけない。何を言っても自由じゃないかと子供は言います。言っても自由だけど、人を傷つけることは言ってはいけない。インターネットで批判中傷することはしてはいけない。これは最悪の人間のすることです。こういう事をする人間で運命の良い人間は誰もいないのです。ベストグループにはそういう人は入れません。私は信用を第一にするのです。卑怯者は大嫌いなのです。、言論の自由があろうと、人を傷つける自由はありません。社会を混乱させる自由はありません。

10-03-19 15_23_30No(0012).jpgのサムネール画像
 因果の法則といって、そういうことをする人は、運命に見放されるように創ってあることを忘れてはいけないのです。会社に行ってもそういう人は嫌われます。社会から疎んじられます。私は多くの方に働いてもらったり、ベストグループを創らせてもらって、多くの方々にも参加してもらって、いろんな人を見てきました。やっぱり皆さんに幸せになってもらいたい。言葉は人に良いこと、勇気を与えるものであると思っている一人です。言葉は、人を傷つけるためにはありません。

 しかし、人間としてはしてはいけないこと、人間として在るべき考え方、生き方について学校教育でも教えられることは今なくなってきていました。
 稲盛さんという方が、日本航空の会長をなさっています。あの方はセラミックの会社を作られ、世界でトップの会社を作られました。

 ある時、私の知人が、稲盛さんの本を読んでみませんかとくれたのです。JALの会長になられた時に見させてもらったら、小さい時からずっと「人格が一番大切だ」ということで、仏教の勉強をされていたのです。そして、西郷隆盛の生き方に惚れていたのが鹿児島県人ですが、情だけでは駄目で、大久保利通の様な生き方も大事だ。冷静な判断力も必要だと学ばれました。

 稲盛さんは、大久保利通と西郷隆盛の両方の人格の勉強をされて、一番大事なものは人格であると気づかれたのです。だから、日本人で最高の人格者の一人だから、最高の経営者になられたのです。人格に勝るものはないのです。世の中で成功されている方は単なる成功者ではないのです。私も少しだけ成功させてもらったけど、人格を磨くために生まれたと書いておられます。実は、人間として生まれたのは、更にもっと奥を体験するためなのです。

12-04-02 13_47_14No(0013).jpgのサムネール画像
 世の中で幸せに生きている人、物心共に幸せに生きている人は、人格とも豊かであるということをどうか分かって下さい。あなた方は人格を否定なさるから、何かで苦しんでおられると思います。それを教えるのは母親です、言っておきますけど。父親は仕事で忙しい。一所懸命に後ろ姿で見せる。でも母親が人格の大切さを教えないといけないのです。言葉の正しい使い方、正しい生き方の見本を示さなくてはいけません。

 今、お母さんはどんな人間になりましたか?お父さんがどんな人間になりましたか?
 息子はすぐ言います、自分たちに押しつけるなと。父ちゃんは、ちょっと成功したと思って子供に押しつける。押しつけているのではない、お父さんの失敗・成功は、世の中の方と比べて本当に努力したこともあれば、足らないところもあった。それを子供に伝えるのは親の勤めだと。失敗を伝えているのではない、良くなって欲しいから真剣に伝えているのだとよく言いました。そして最近になって、やっと分かるようになりました。「父ちゃんは、言っていることとしていることが一緒だ」ということも分かってきました。子供が会社に入ってきた時に、会社には変な方は誰も来ない。麻雀をしたり、酒も飲まない。こんなくそ真面目で無借金で、反対に銀行の方が毎回頭を下げて来られる。父ちゃんは、言った通りにしていたのだ。

 私が引退してから十年経って、ようやく分かるようになってきています。
 私たちは、幸せになるために生まれたということを、どうか分かって下さい。でも幸せになるためには、目的がなかったらたどり着けますか?例えば、あなた方が旅行に行く時に、どこに行くのか目的地がなくて旅立つのですか?そうではないですね。でもあなた方は今、人生を目的なしに生きている方が多いようです。

10-04-08 17_02_22No(0167).jpgのサムネール画像
 人生は旅なのです。だから、どこに行くのか決められないから、迷いの人生になるのです。
 私たちは旅行に行く時に、必ず行き先を決めます。あなた方は人生の行き先がないから迷っているのです。私は人生の目的がはっきりしているから、何の迷いもないのです。

 ベストグループの人たちで、目的を土ハ有している人たちは何の迷いもないのです。迷いがあるということは、目的がはっきりしないからです。旅をするのでも、必ず目的地までの切符を買うでしょ?だから迷わないでしょ?
 あなたたちは今、目的がはっきりしていなければ、悩み、苦しみ、迷うかも知れません。ありがとうございます。


※さらに他地区の見聞会での衣川晃弘大先生の御講話をお読みになりたい方は、
他ブロックのホームページをご覧下さい→コチラ

※前回の御講話をお読みになりたい方は、こちらをご覧下さい。→見聞会御講話

錦糸眼科 レーシック体験動体視力 トレーニングゲーム